検査の種類・特徴

新型コロナウイルスに関連する検査には「PCR検査」「抗原検査」「抗体検査」のなどがあります。
各検査には、それぞれ以下のような特徴や違いがあります。
HELPO PCR検査パッケージは唾液を用いた「PCR検査」になります。

PCR検査

PCR検査とは、採取した検体の中に、新型コロナウイルスの遺伝子が含まれているかどうかを調べる検査です。
PCRはポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction)の略称です。
ポリメラーゼという酵素により、検体に含まれる遺伝子を増幅します。
その中に新型コロナウイルスだけが持つ遺伝子が存在しているかどうかを調べます。

検査方法詳細

PCR検査は主に2つの方法があります。

※弊社のPCR検査は唾液採取の方法を使用しております。

「唾液採取」

受検者自身で採取した唾液を使用するPCR検査です。1~2mL程度の唾液を採取し検査に使用します。
唾液検体の採取時に感染するリスクが低く、また医療従事者による採取が必ずしも必要ではありません。

※唾液PCR検査は、厚生労働科学研究においても鼻咽頭ぬぐい液とほぼ同じ精度で検査が可能である実証されており、安心してご利用いただけます。(詳しくは厚労省Webサイトをご確認ください)

「鼻咽頭ぬぐい液採取」

検体棒で鼻の奥の粘膜をぬぐって検体を採取する方法です。
検体採取は、医師・看護師・検査技師などの医療従事者が実施します。
採取の最中にくしゃみや咳が出ることもあり、それに伴い飛沫などが発生して、検体採取者(医療従事者)への感染リスクを伴います。
そのため採取時にはマスク、ガウンなどの感染防護対策が必要となります。

抗原検査

抗原検査は、新型コロナウイルスに特徴的なタンパク質(抗原)を調べ、現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べます。
PCR検査よりも感度は低いですが、陽性判定になった場合はコロナウイルス感染の診断確定とされます。
抗原検査が陰性であった場合、追加でPCR検査をする必要はないと現時点では判断されています。

抗体検査

抗体検査は、ウイルスに感染した人の体内で作られた抗体を検出するための検査です。そのため、感染歴が分かります。
ウイルス自体を検出するのではなく、ウイルスに感染した人の体内の免疫反応を検出する検査のため、今現在ウイルスに感染しているのかどうかは分かりません。

PCR検査キットのご購入

本サイトでは低価格・高品質な唾液PCR検査キットをご購入することができます。
詳細は下記ボタンより購入ページにてご確認ください。